ブライトエイジの口コミを暴露【シミへの効果は?最安値は?】

ブライトエイジ 口コミ・効果・最安値 情報局

ブライトエイジ 効果

そのシミ消したい?ブライトエイジにおまかせ!

更新日:

シミには発生の要因によっていくつかの種類がありますが、基本的にはどれも表皮でメラニン色素が生成される事によって発生します。

私の愛用している「ブライトエイジ」はシミ対策に効果的なコスメですが、根本的な予防と対策のためにシミのできるしくみをチェックしましよう。

シミをつくるのはメラニン色素

若い頃は肌に自信があった人でも、素顔を鏡に映してよく見たら、知らない間にシミができていた、という経験がある人もいるのではないでしょうか。悲しいけど、私も経験済みです・・・(T_T)

シミにはいろいろな種類があり、肌にできる茶色っぽいものや、肌の色とは違う茶や黒っぽいもので、美容上ないほうが望ましいと感じられるものは、すべてシミと呼ばれています。

シミをつくる原因はメラニンという色素です。メラニン色素はたんぱく質の一種で、黄褐色の顆粒状のものですが、これが集まると黒く見えます。メラニン色素には紫外線が肌に浸人するのを防ぐ働きがあります。

紫外線は日焼けを起こして皮膚がんの原因になるなど体にとっては基本的に有害なものです。シミの原因としてやっかいもの扱いされているメラニン色素ですが、体を守る重要な役割があります。

メラニン色素が排出しきれないとシミになる

それではなぜメラニン色素がシミになるのでしょうか。肌に紫外線が当たると、表皮細胞からエンドセリンという情達物質物質が分泌されます。

すると、それに刺激されて基底層にあるメラノサイト内でメラニン色素がつくられます。メラニン色素のもとはチロシンというアミノ酸ですが、これにチロシナーゼという酵素が働くと、すぐにメラニン色素ができます。

メラニン色素は表皮細胞中に放出され、ターンオーバーによって角質層へと押し上げられていき、最後にはアカとなって排出されます。

しかし、紫外線を大量に浴びるとメラニンの生成に非出が追いつかなくなって表皮に残り、それがやがてシミになってあらわれます。また、加齢やストレスが原因でターンオーバーサイクルが遅くなるとメラニンが排出されにくくなります。これが加齢によるシミの原因と考えられるのです。

シミは種類によって治療法が異なる

紫外線のほかにもシミができる要因はいくつかあります。強すぎる洗顔やマッサージ、かぶれ、すり傷などによって肌が炎症を起こすと、メラニンが生成されてシミになります。

またストレスや、妊娠や更年期などのホルモンの変化によって発生するもあります。その要因によってシミには種類があり治療法も異なります。シミの種類を見分けるのは専門家にもむずかしいことです。シミを薄くしたい場合は、自己判断をしないで医帥の診断を仰ぐことが大切です。そして何よりも日頃からのケアや予防がシミ対策の第一歩ですね。

>> シミ対策にはブライトエイジ

シミの種類

geralt / Pixabay

老人性色素斑

紫外線などの刺激によりメラニン生成が過剰になり、排出がとどこおって色素沈着が起こります。日光性黒子とも呼ばれ、30~40歳代で目立ってきます。老人性といっても10~20歳代でできる人もいます。

比較的輪郭がハッキリした丸い形状でほお骨など日光が強く当たる部分からできる傾向があります。しみができた初期なら美白剤などで薄くなることもありますが、くっきり出てしまったものはなかなか消えません。

炎症性色素沈着

ニキビやかぶれ、すり傷などで炎症が起こったあとにできるシミで、不定形な形をしています。二キビができやすいほおから、あご周辺にかけて多く見られます。また、やけどが回復する過程で茶色っぽくなるのも炎症性色素沈着です。

皮膚に炎症があると必ず色素沈着が起こリますが、人によってケガの治リやすさに差があるように、シミになリやすい人とそうでない人がいます。炎症性色素沈着は時間がたつと消えますが、その後日焼けをるとあらわれることもあります。

肝斑(かんぱん)

ほお骨から目じりにかけて多くでき、左右対称にモヤモヤと広がるのが特徴。ロの周り、額などにできることもあります。30~40代の女性に多く、肝臓の表面の色に似ていることからこう呼ばれます。

女性ホルモンのバランスがくずれる妊娠中や更年期、長期間ピルを服用しているときなどにできやすくなリます。妊娠中にできたものは出産後2ヶ月~3ヶ月で消えるのがほとんど。また、悩みや過労などでストレスホルモンが分泌されると色素が増え、シミが濃くなることがあリます。

ソバカス

鼻からほお骨一帯にかけてできる小さくて黒い斑点をいいます。スズメの卵に似ているので、雀卵斑とも呼ばれています。先天的なもので、10代のころからはっきりしてきます。色の白い欧米人にはよく見られ、日本人でも色白の人に目立ちます。ソバカスができる肌は、紫外線にも敏感です。スキーや海水浴などで強い紫外線を浴びると数が増え、色も濃くなります。老人性色素斑などのシミを伴うことも少なくありません。

老人性ゆうぜい

表皮が、いぼのように盛り上がっているシミ。脂漏性角化症ともいいます。老人性色素斑からできてくるものがほとんど。強い紫外線や加齢によって角質が変化し、表皮にふたをされた状態になってメラ二ンが排出されず、蓄積してできると考えられています。

弁状色素斑

毎水浴などで皮がむけるほど日焼けした後にできるシミ。シミの形が花びらの形に似ていることから花弁状色素斑と呼ばれます。色の白い欧米人の肩、背中に多く見られ、日本人でも色白の人にできます。

老人性色素斑

老人性色素斑は紫外線のダメージによってできます。できてしまったシミはレーザー治療でないと完全には消せないので、UVケアと美白化粧品の使用で予防を徹底しましよう。

カンタンに出来るシミ対策の方法

webandi / Pixabay

紫外線をなるべくカットしてシミをつくらない

老人性色素斑は、紫外線を浴びてメラ二ンの生成が過剰になり、色素が真皮に残ることで起こります。シミは突然できるように思われますが、長い間にメラニンが蓄積されてできます。そのためシミは20代よりも40代以降にできる人が多いのです。

老人性色素斑はまだ初期の色がごく薄い状態なら美白化粧品で消えることもあります。しかし、はっきり出てしまうと美白化粧品では消せず、レーザー除去に頼るしかありません。そのためシミに気がついたらできるだけ早めの対処がカギです!

だからといってあきらめて無防備に紫外線に肌をさらしているとシミはさらに増えて濃くなってしまいます。老人性色素斑に限らずシミの予防と対策にはUVケアで外線をカットし、メラニンの生成をおさえることが大切です。

紫外線は窓ガラスを通過するものもあるので、室内や乗り物の中でも油断しないようにしましょう。

>> 手遅れにならないうちに今すぐ美白化粧品「ブライトエイジ」を試す

効果のある美白化粧品を使ってシミを予防する

美白化粧品とはメラニン色素の量を減らすように働く美白成分を含む化粧品のこと。美白成分はメラニン生成の過程のどこかで作用します。

どこで作用するかによって美白成分は種類が分けられます。美白化粧品にはいろいろな種類がありますが、次の点を参考にして選んではいかがでしょうか。

美白成分が含まれているもの

美白とうたっていても、含まれる美白成分の量が少ないものもあります。商品名やイメージでは選ばずに、パッケージの成分表示を見て、きちんと美白成分を含んでいるものを選びましよう。

顔全体につけられるもの

毎日、顔全体に長く使えるものがおすすめです。スポットタイプ(部分使用)やパックよりもクリームや美容液がいいでしよう。

美白成分を知る

白化粧品選びには、含まれている美白成分をチェックするところからスタート。代表的なものは厚生労働省が認可した成分があります。

 

美白成分の種類

厚生労働省が効果を認めた9つの美容成分のどれかを含んでいれば美白化粧品として医薬部外品の認可を受けることができます。

つまり、これらを含むコスメは高品質と厚生労働省が認めているわけですね!

これ以外にもメーカーが独自に開発したものが多数あり、美白化粧品にはそれらのうち何種類かが配合されています。

チロシナーゼの働きをブロック

アルプチン ・・・ コケモモから抽出された成分。

工ラグ酸 ・・・ ラズベリーなどイチゴ類から抽出された成分で天然ポリフェノール成分が豊富。

ルシノール ・・・ モミの木に含まれる物質に似たレゾルシン誘導体。

ビタミンC誘導体 ・・・ 活性酸素の除去や色素沈着、メラニン色素抑制な効果るビタミンCの角質層透過を高くし、より効果的になるようにした。

プラセンタエキス ・・・ 豚の胎盤から抽出された成分で、保湿、美白の効果が高い。

トラネキサム酸 ・・・ 本来は止血剤だが、肝斑の治療に使われ高い効果を発揮。シミを濃くするプロスタグランジンというホルモンを抑制する。 美白には特に効果が期待できる成分

リノール酸 ・・・ サフラワー油などから抽出する成分で、ターンオーバーをうながしてチロシナーゼの量を減らす効果がある。

エンドセリンの働きをブロック

カモミラET ・・・ ハーブのカモミールから抽出される成分。

その他

tーシクロアミノ誘導体 ・・・ シミを濃くするプロスタグランジンを抑制する。

>> トラネキサム酸配合のブライトエイジで今すぐシミ対策!

医薬部外品認可はされていないが、よく使われる成分

チロシナーゼの働きをブロック

油溶性甘草エキス ・・・ グラブリジンとも呼ばれる成分。漢方薬の甘草から成分を抽出。チロシナーゼの働きを抑制する。

ハイドロキノン ・・・ 肌の漂白剤と呼ばれ、2002 年までは皮膚科での取り扱いに限られていた成分だが最近は市販の美白化粧品にも配合されている。チロシナーゼの働きを抑制する。

これらの成分はシミに有効とされていますので、配合されている化粧品を選びましょう。特にトランキサム酸を配合しているコスメはおすすめです。

美白化粧品は自分への効果を確かめながら使う

美白成分は人によって効果が異なるので、どれが自分に合っているかは使いながら判断していくしかありません。効果を調べるには、化粧品の使用前と使用後の写真を撮って、見くらべてみるのがおすすめです。

撮るときになるべく明るさや撮影の角度を同じようにすることがコツです。美白化粧品も肌に合わなくてかぶれることがあります。その場合はすぐに使用を中止しましょう。

抗酸化物質を含む食品をとって内側から予防する

外側からシミ予防をしたら、紫外線のダメージから細胞を守る抗酸化物質を含む食品をとって、シミができにくい体にしていきましよう。

ビタミンA、C、Eは抗酸化力が強く、3つ合わせて「ビタミンACE(エース)」と呼ばれます。ビタミンAはもっとも抗酸化力が強いですが、体内に蓄積され過剰になると頭痛、吐き気などの副作用が出ます。サプリメントでのとりすぎには注意してください。

緑黄色野采に含まれるβーカロテンは体内で必要な量だけビタミンAに変わります。

ビタミンCはメラ二ンの生成を抑制します。成人の所要量は1日100mg。美白のためには3000mg以上とるのが理想ですが、ビタミンCは蓄積できないので、サプリメントなら何回かに分けて飲むのがおすすめです。

ビタミンEはメラ二ンの色素沈着に関係する過酸化脂質を低下させる働きがあります。果物や野采の葉や種子に含まれるポリフェノールも代表的な抗酸化物質で、アントシアニンやカテキン、イソフラボン、リグナンなどが代表的です。

どうしても消したいシミには レーザー治療

geralt / Pixabay

レーザーはできてしまったシミの除去に威力を発揮します。そのしくみや術後の経過、ケアの注意点について知っておきましよう。最近は安くなったとはいえ、まだまだ高額ですし、医師によって上手い下手もありますので細心の注意が必要です。

シミの色素だけを破壊するレーザー治療

一度できてしまった老人性色素斑は、美白品サプリメントなどの服用では消すことはなかなか困難です。レーザー治療はそうしたンミの除去に用いられます。レーザー治療は、ある一定の波長の光を増幅させて、ピンポイントで照射し、その熱作用で患部だけを焼いて破壊するものです。

部分的に照射するため、まわりの細胞のダメージを最小限に留めることができます。破壊されたメラニンはターンオーバーにより、数週間から数カ月でに排出されて、シミが薄くなっていきます。同じ種類のシミでも、レーザー治療に向かない場合があるので、まずは医師に相談しましよう。

照射後は日焼けに注意する

現在、数種類のレーザーが使われています。どれも照射すればすぐにシミがなくなるわけではありません。レーザー照射後は軽いやけどになって赤くなりますが、メイクや洗顔は施術後すぐにできます。炎症が少しずつ治まり、茶色くなって1週間くらいでかさぶたになります。

さらに数日でかさぶたがとれると、赤みがかった新しい皮膚が現れ、徐々に普通の肌に戻っていきます。個人差がありますが、レーザー照射の瞬間にゴムではじかれるような痛みを感じます。シミが濃ければ痛みは強まります。

シミの大きさや濃さ、肌質によっては、2~3回照射するケースもあります。照射後の患部は紫外線を吸収しやすいため、外出のときはガーゼでおおったり、日焼け止め剤を塗ったりするなどしたケアが必要です。

そのため施術日は外出する予定のない時を選ぶ事をオススメします。また、日差しが強い夏より多少紫外線が少ない冬を選んで治療をしましょう。

-ブライトエイジ 効果

Copyright© ブライトエイジ 口コミ・効果・最安値 情報局 , 2018 All Rights Reserved.