ブライトエイジの口コミを暴露【シミへの効果は?最安値は?】

ブライトエイジ 口コミ・効果・最安値 情報局

ブライトエイジ 評判

ブライトエイジのクリームで乾燥肌対策!

更新日:

私たちの肌の状態にはいろんな状態があります。その中でも乾燥肌は肌に良くない症状を引きおこします!

そこで今回はそれぞれの肌の状態でどのような症状が起きやすいか、その中でも特ににやっかいな乾燥肌を改善する方法を考えていきたいと思います。

>> 乾燥肌の改善にブライトエイジを試してみる

乾燥肌や敏感肌など それぞれの肌の状態を詳しく解説

乾燥肌 水分量の減少でバリア機能が低下している

角質層にある水分量が30%以下の状態です。皮脂分泌も小ないため、うるおいが逃げてしまっています。触れると、ザラザラしたりゴワゴワしていて、全体がつっぱる感じがします。

さらに乾燥が進行すると白く粉をふき、トイクのノリが悪くなってくることもあリます。バリア機能が低下しているため放ってまくと敏感肌になっています。ふだんからしつかりとメイクをする人は、クレンジングオイルのように洗浄力の強いクレンジング剤を使っている可性が高いため、乾燥特に注意が必要です。

敏感肌 バリア機能の低下で過敏になっている

角質層のバリア機能が低下し、外からの刺激が入りやすくなっています。肌の上で目に見えない炎症が常に起こっているため、化粧品をつけるとしみたり、日光に当たると赤くなるなど、小さな刺激ても過敏に反応してしまいがちです。

ふだんはトラブルのない肌質の人でも季節の変わリ目やストレス、生活習慣の乱れから一時的に敏感肌に傾いてしまうこともあります。化粧品でかぶれたことがある人はパッチテストをしてから購入しましよう。

混合肌 皮脂の多いところと乾燥しているところか同居

Tゾーンは皮脂分泌が多いのにUゾーンは水分不足に陥っている状態です。異なる肌質を持っため、二キビや肌あれなどのトラブルが起こりやすくなっています。

混合肌は日本人に多い肌質で、若いときに脂性肌の人が、20代後半になりやすい傾向があります。その理由として、皮脂を悪者としてとらえ、さっばり系の化粧品を愛用していることがあげられます。

自分は脂性という思い込みか、肌質が年齢とをもに変わってきているのに気づかず同じ化粧品を使用し続けていると部分的に乾燥を招いてしまうのです。基礎化粧品をここ5年間変えていない人は注意が必要です。

油性肌 皮脂が過剰に分泌してニキビができやすい

水分と油分のバランスがくずれています。皮脂が過剰に分泌されているため、毛穴に汚れがたまりやすく、ニキビができやすい状態です。顔全体のテカリやべタつきが気になり、脂とり紙が手放せない人も多いかもしれません。

しかし、必要以上に皮脂を取りすぎてしまうと、肌は足りないと判断してもっと皮脂を出すようになるので気をつけましよう。家族にニキビのできやすい人が多いと、遺伝的に脂性肌になりやすい傾向があります。また、皮脂は男性ホルモンの影響を受けてつくられるため、男性に多い肌質です。

普通肌 水分と皮脂のバランスがとれている理想的な肌

ターンオーバーが正常に行われていて、角質層はうるおいで満たされています。皮膚のキメは整っておリ、血色がよく、触れると弾力もあります。水分量、皮脂量ともにバランスのとれた理想的な肌といえるでしよう。

ただ、肌状態は季節や月経周期、ストレスなどによって微妙に変化します。毎日自分の肌をしっかりと観察し、そのときの状態にあわせたスキンケアを心がけるとトラブルを未然に防ぐことができます。

このようにバランスの取れたキレイな肌を目指したいですね(^^)

>> 理想の肌には「ブライトエイジ」を

かゆい乾燥肌 原因とケアの方法

_Marion / Pixabay

角質層から水分量が減り肌の表面がカサカサしたりつっぱったりするのが乾燥肌。顔が痒くなるのも特徴です。

放っておくと肌が厚く硬くなり、さらに乾燥しやすくなる悪循環におちいるので事前のケアを欠かさないようにしましょう。

肌の乾燥は角質層の水分不足が原因

肌が乾燥すると表面がカサカサして粉をふいたり、ゴワゴワと硬くなったりします。化粧水が入っていかないと感じる人もいますが、これも肌が乾燥して硬くなりすぎたためにこうなっています。

健康な肌の角質層には約30%の水分が含まれています。それは、皮脂や角質細胞の中にある天然保湿因子(NMF)、角質細胞間資質といった保湿成分が、上手く働き合っていることによります。

NFMは角質細胞の中で水分と結びつき、うるおいを細胞内にとどめる役目をします。角質細胞間脂質は角質細胞同士を結びつけて水分が蒸発するのをふせぎ、外の刺激から肌を守ります。

さらに皮脂が肌の表面で水分が蒸発するのを防いでくれます。乾燥肌はこうした保湿のシステムが上手く働かず、角質層の水分量が30%以下になって水分不足になった状態のことです。

未熟な角質細胞が肌の悪循環を招く

角質層は湿度の影響を受けやすく、空気中の湿度が高いときは肌に含まれる水分量は多くなり、低くなると少なくなります。乾燥したところにいると肌がパリパリしてくるのはこのためです。

このときクリームなどの油分で肌をおおうとそれ以上の乾燥をふせぐことができます。角質細胞間脂質は、年齢とともにつくり出される量が減ります。すると角質細胞のすき間が大きくなって水分が蒸発しやすくなったり、角質細胞がぐらついて一部がはがれ落ちたりします。その結果肌の表面では粉がふいたように見えます。

また、肌にすき間ができると外部の刺激も受けやすくなります。こうした状態になると、肌をまもるために急いで角質層がつくられますが、健康な肌でもターンオーバーには本来あれば1カ月間が必要です。天然保湿因子や角質細間胞脂質もこの過程で作られます。

肌の不調で急なターンオーバーが行われると、未熟な角質細胞が生まれ保湿成分も十分につくられません。未熟な角質層は水分保持能力が低いため、厚く硬いものになり、その結果として肌は乾燥して分厚くシワが多くなります。そして、乾燥をカバーするためにまた未熟な角質層がつくられるという悪循環がすすみます。

カサカサだけが乾燥肌ではない!

乾燥から肌を守るために皮脂の分泌がさかんになることがあります。いわゆる混合肌で、Tゾーンはべタついているけれども、頬はそうでもないといったタイプです。

毛穴が目立ったりキメが粗くなったりするのも肌の乾燥によります。肌が乾燥して細かくささくれ立っていると、透明感がなくなったり、くすんで見えることもあります。

このような状態では、本人が肌の乾燥に気づいていない場合があります。皮脂の分泌が目立った部分があるためですが、乾燥に気づかずにまちがったケアを続けていると、さらに肌へのダメージは大きくなります。

冬に肌がカサカサしやすいのは、寒さで皮脂や汗の分泌が減り肌表面のの保湿機能が弱まるためです。また、皮脂の分泌量が生まれつき少なくて乾燥肌になりやすい人もいますが、大きな要因の1つには年齢とともにセラミドなどの角質細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)の生産量が減ることがあります。

しかし、いちばん問題なのは乾燥を招くまちがったお手人れです。メイクを完全に落とそうとしてクレンジング料でゴシゴシこすったり、熱いお湯で洗顔していると、汚れだけでなく必要な皮脂まで落としてしまいます。

すると、角質細胞間や脂質の一部が失われたりNMFも減少してしまい、肌のうるおいは失われます。さらに、自分の肌は皮脂分泌が多いという思い込みから、さっばりした基礎品のみを使い、乳液やクリームで保湿をしないと水分は減少する一方になります。

それを補うために皮脂が分泌される場合は油脂性に傾きますが皮脂分泌が少ないままだと乾燥肌になっていきます。また、ダイエットのための食事制限で、肌を作つくるタンパク質や脂質を控えたり、ビタミンAが不足しがちになると肌の乾燥を招いてしまいます。

乾燥肌からくる肌トラブル

webandi / Pixabay

乾燥肌はカサカサしている状態だけでなく、下のように様々な状態も乾燥肌が原因で引き起こされています。それぞれを見比べ、あなたに合った対象法を考えましょう。

敏感肌

水分、皮脂が不足して角質がランダムにはがれバリア機能が低下した状態です。紫外線や化粧品、マッサージなどの外部からの刺激に弱く赤くなったりかゆみが出たりします。特定の物質にのみかぶれる場合はアレルギーとの関係も疑われます。

くすみ

乾燥によって肌の弾力が失われると、透明感やつやが失われて、肌色が暗くくすんで見えます。とくに冬は肌が乾燥しやすくなるうえに、寒さで血行が悪くなるため、くすみの目立つ人が多くなります。

ニキビ

肌が乾燥するとバリア機能を保とうとして皮脂が多く分泌され、毛穴に詰まると炎症を起こして二キビになります。クレンジンクや洗顔のしすぎと保湿不足から乾燥肌になり、ニキビができる場合は油分を控えつつ保湿をし、肌の状態を改善しましょう。

ひび割れ

乾燥肌によって肌の弾力が不足し、硬くなって油っ気が失われるのが原因です。肌がザラザラし、水分や化粧品がしみてヒリヒリします。外部の刺激に弱くなるので放置しておくと敏感肌になってしまう恐れがあります。

シワ

角質層の水分量が減少すると皮膚が硬くなって柔軟性が失われ、乾燥ジワができます。これは、皮膚の表面だけにできたものなので保湿すればもとどおりに。しかし、ほうっておくと乾燥は真皮にまでおよび、肌の弾力が失わて深いシワになります。

シミ

肌が乾燥してすぐにシミになるわけではあリませんが乾燥肌には目に見えない炎症がいつも起っています。炎症はかならず色素沈着を起こすため、それが蓄積されるとシミのできる原因になります。

乾燥肌の具体的なお手入れ方法

洗顔後は、化粧水で水分を補給し、乳液やクリームの油分で肌にふたします。乾燥が気になるときは保湿成分配合の美容液を使います。混合肌の人は部分ごとの肌質に応じたケアをしましょう。

油分で「ふた」をして水分を逃さない

肌乾燥のふせぐには洗顔後の保湿が大切です。保湿とは肌が本来もっている保湿成分を逃さないようにして、角質層の水分を保つことです。

それには化粧水で水分を補給するのがいちばんと思われがちですが、それだけに頼るのは考えものです。水分を補給したときには、角質細胞のは水気を含んで膨らみますが乾くともとに戻ってしまうし、蒸発する時に肌の水分を奪うため、かえって乾燥を招くことがあるからです。

化粧水で肌の水分を補ったら、油分のある乳液やクリームで皮膚に「ふた」をして、水分の蒸発をふせいで肌に閉じ込めることが必要です。

>> 水分を補うには「ブライトエイジ」を

「顔の地図」に合わせてケアをする

josemiguels / Pixabay

乾燥をふせぐためにどんな基礎化粧品を使えばいいのでしょうか。実は使う人の肌質によって違います。肌質は大きく分けて乾燥肌、脂性肌、普通肌の3タイプに分けられます。肌診断で自分の肌質を確認してみましょう。

日本人にいちばん多いのは額から鼻にかけてのTゾーンは脂っぽく、ほおからあごにかけてのUゾーンや目のまわりは乾燥している混合肌です。

混合肌の人は、Tゾーンだけを見て自分は脂性肌と思いこみ、油分の少ないさっぱりした化粧品だけで顔全体のケアをしていることがあります。そうすると目もとやロもとがカサついてきたり、ニキビができることもあります。

混合肌の人にかぎらず、自分の顔をよく観察して肌質の「地図」をつくり、部分ごとの状態に合わせてケアをするのが理想的です。

乾燥したらしっかり皮脂膜をつくる

乾燥肌でトラブルが目立つ場合は年間を通じてしっかりと保湿ケアする必要があります。効果的に呆湿をするには化粧水と乳液だけでは限界があります。

とくに空気の乾燥する季節は化粧水、乳液のあとにクリームか美容液で油分を補い、皮脂膜を張りましょう。何種類もつけたくないなら、乳液をやめてクリームを使います。

肌に油分の残るのが気になる場合は、肌になじませたあと、ティッシュペーパーで軽く押さえてよけいな油分をとるとさつぱりします。美容液はセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているものや、保湿効果の高いものがおすすめです。

皮脂腺の少ない目のまわりやロもとは乾燥するとシワになりやすいところです。こするとシミの原因になるのでやさしく指で押すようにしてクリームや美容液をなじませます。

>> エイジング対策クリームならブライトエイジ

肌に必要な栄養素は食事でとる

cattalin / Pixabay

ダイエットをして肌がカサカサになるのはムリな食事制限などで栄養不足になるためです。肌は体の一部なので、肌に良い食事を心がけて体の中から調子を整えていきましょう。

肌によい食事と聞くとむずかしそうですが、肉類、卵、乳製品、穀類、野菜、果物、海藻類、砂糖、油脂など、身近にある食品をまんべんなくとることを心がけましよう。

さらに、肌のカサつきなど気になることを改善できる栄養素を含む食品を積極的に取り人れていきます。ビタミン類やミネラルは薬やサプリメントでとればよいと思われがちですが、食品にはファイトケミカルや酵素など、微量でも体に必要な栄養素が含まれています。サプリメントも手軽でいいのですが、体内ではいろいろな栄養素がたがいに働きあって作用しているのでなるべく食事からとるようにしましょう。

肌のうるおいを保つビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜の細胞分袈にかかわる栄養素です。ビタミンAが十分だとターンオーバーのサイクルは正常に保たれ、うるおいのある肌になります。

また、目やロの粘膜の健康も保たれます。不足すると皮脂の分泌が減少しターンオーバーが不完全になるため角質層の保湿機能が低下します。

つまり、肌表面の皮脂が少なくなり、表面があれて乾燥してくるということです。ビタミンAには動物性食品に含まれるレチノール、緑黄色野菜に含まれるβカロテンがあります。どちらも体内にためておける栄養素です。

βーカロテンは体内で必要な分だけビタミンに変わる性質があります。レチノールはとりすぎると吐き気などの過剰症がありますが、食品からとっているぶんには心配はありません。サプリメントでとるときなどは用を量は守りましょう。

美肌にとくに関係の深いビタミンB2とB6

その他にも美肌づくりに欠かせない栄養素としてはビタミンC等いろいろな種類がありますが、とくに乾燥と関係が深いのがビタミンB2とB6です。

ビタミンB2は皮膚の新陳代謝を活発にさせて生き生きとさせます。血管を丈夫にして血液循環をよくするので体のすみずみに栄養がいきわたり、目や唇、顔の皮膚の美しさには欠かせません。ビタミンB2が不足すると、ロ内炎やロ角炎がよくできたり、目がゴロゴロするなどに粘膜に症状があらわれます。また、日光に敏感になって皮膚炎を起こしたりシミが目立ってくることもあります。

ビタミンB6はレバーや魚に多く含まれます。体内にためておけないので毎日きちんと取るように心がけましょう。ビタミンB6は魚に多く含まれ、タンパク質の代謝に必要な栄養素です。皮膚や髪、つめ、歯の健康と成長をうながします。不足すると皮膚炎を起こしやすくなったり、アレルギー症状が出やすくなったりします。

乾燥肌を予防する栄養素

ビタミンA ・・・  肌のうるおいを守り乾燥を防ぐ
レバー うなぎ ぎんだら 卵 モロへイヤ かぼちゃ にんじん 春菊 ほうれん草
βーカロテンは油といっしょにとると大幅に吸収率がアップ。

ビタミンB 2 ・・・ 皮膚、髪、つめの成長を促進。肌あれを改善する
レバー 豚肉 うなぎ ぶり いわし サバ ハム 牛乳 納豆 卵 アーモンド
魚は身よりも皮のところにB2 か豊富

ビタミンB6  ・・・ 健康な皮膚、髪、爪をつくるのに心要
かつお まぐろ さけ さんま さば バナナ レバー さつまいも
B6は生理前のイライラ解消にも効果的。

乾燥肌をふせぐ生活習慣

cocoparisienne / Pixabay

季節や場所に合わせてケアの方法や湿度の調整を行い、乾燥に負けない肌になりましょう。まずはいつもの生活習慣から見直すことで肌へのケアもより効果的になります。

肌に最適なのは湿度60%の空間

肌は体を守るために環境に敏感に反応しています。室内の温度が同じ場合、湿度の変化によって頬の角質層の水分量が変化する様子をあらわしたものです。これによって、湿度か高いと空気中の水分が補給されて角質層の水分量が増え、湿度か低いと角質層の水分が空気中に奪われて減少します。

人が快適な湿度は気温とのバランスにもよりますが、一般的には40~60%と言われています。肌には60%程度が理想です。肌の水分量は気温が低く湿度が低いほど減少します。

室内の湿度を意識する習慣を

冷暖房された屋内の湿度は屋外よりも10~20%低いとされています。屋外が40%なら、屋内は20%台になることもあります。こうなると保湿化粧品だけでは乾燥を防ぐのはむずかしくなり、加湿器なども必要になっていきます。しかし、冷暖房された屋内では体が快適なため空気が乾燥しているのに気がつきにくいのです。

まずは、家庭や職場の乾燥の度合いを知ることからはじめましょう。身近に温度計と湿度計を置いてチェックする習慣をつけると、肌で感じる乾燥と湿度の関係がわかるようになり、対策の目安になります。

季節ごとの対策

春の注意点

気温が上がるにつれて皮脂腺の働きが活発になリ皮脂量が増え、血液循環もよくなって汗の量も増加。しかし、また湿度が低く風が強い日が多いため、肌の乾燥には注意が必要です。

皮脂分泌が多くなるので、洗顔はていねいに。化粧水を多めにつけて水分を補給し乳液や美容液、クリームで乾燥しないようにしましよう。意外に紫外線が強くなるので、UVケアも忘れずに。

夏の注意点

高湿度ですが、屋内では冷房による乾燥に注意が必要です。紫外線、とくに日焼け対策と汗によるかぶれや肌あれにも気をつけましよう。

化粧水をたっぷりつけ、保湿成分配の美容液などでのケアを続けます。メイクの下地に保湿効果の高いものを選ぶと、工アコンの乾燥対策になります。紫外線と日焼け対策をしつかリしましょう。虫さされのあとがシミにならないように注意。

秋の注意点

気温と湿度が下がり始め肌へのダメーシは少なくなリます。冬にむけて自分の肌の状態を確かめながら、スキンケアを切り替えていく時期です。夏にさらっとした化粧品を使っていた場合は、しっとり感の高いものヘ切り替えていきましよう。

夏の紫外線から肌を守るために、秋ロに角質層が厚みを増して肌が分厚く、硬くなる場合があります。化粧水で水分をたっぷり補給して、保湿成分配合の美容液やクリームでケアを。

冬の注意点

気温が下り血液循環や基礎代謝が低下。皮脂腺と汗腺の働きも悪くなって肌は乾燥しやすくなります。工アコンの暖房はさらに肌の乾燥を招きます。職場などではとくに注意を!

洗顔での皮脂の落としすぎに注意。化粧水で水分を補給し、保湿成分配合の美容液やクリームでしつかりと保湿します。ロもと、目もとなど乾きやすい部分を念入りに。

-ブライトエイジ 評判

Copyright© ブライトエイジ 口コミ・効果・最安値 情報局 , 2018 All Rights Reserved.