ブライトエイジの口コミを暴露【シミへの効果は?最安値は?】

ブライトエイジ 口コミ・効果・最安値 情報局

ブライトエイジ 効果

くすみが出来る原因と改善方法【ブライトエイジが効果的】

更新日:


肌がくすんで透明感を失うことは「加齢のせい」だと、あきらめてしまいがちですが、きちんとケアをすれば、肌は変わリます。くすみの原因を探って自分に合った改善方法を見つけましよう。

血行不良とターンオーバーの遅れがくすみの原因

くすみとは肌の透明感が夫われて、顔色が沈んで見える状態をいいます。くすみの大きな要因は血行不良です。

血行が悪いと栄養や水分、酸素が十分に行き届かないため肌が栄養失調となり、よい状態を保つことができなくなります。人間の筋肉が活動するたびに排出される二酸化炭素は、やがて血液中で黒く変化しますが、血行不良が起きていると、その黒い血液が停滞気味になり、くすみを引き起こします。

ほかとくらべて皮膚の薄い目のまわりでは、黒い血液が透けて見えやすく、それがクマとなってあらわれます。くすみのもう1つの大きな要因は、加齢によるターンオーバーの乱れです。

ターンオーバーが遅れると、表皮の古い角質がはがれ落ちず、角質が分厚くなったり、キメが粗くなったりします。そこに光が当たっても、くもりガラスを通したように透明感がなく、くすんで見えるのです。

これらの原因は、ホルモンバランスの乱れや疲労、お手人れ不足による肌の乾燥や皮脂の酸化に加えて血行不良が挙げられます。つまり、くすみを解消するには血行をうながすことが大切ということになります。

血行不良は陲眠不足やストレスから起こる

血行不良は主に睡眠不足や疲労、ストレス、血流をうながすビタミン類の不足が原因で、血管が収縮することで起こります。通常、眠っているときは、体を緊張からときほぐし、休息させる副交感神経の働きが優位になり、全身の血管が広がるため、血液はスムーズに流れます。

睡眠不足になると血管が収縮している時間が長くなるので、血流がとどこおりがちになります。また、過度のストレスは交感神経を刺激して筋肉を緊張させ、副腎皮質からは大量のアドレナリンが分泌され、血管の収縮が起こります。

その結果血流が悪くなります。また、姿勢が悪いと顔や頭に血液を運ぶ首の血管が圧迫されて血行が悪くなります。長時間同じ姿勢を続けているのも筋肉の緊張から血行不良を招きます。

もしあなたが仕事でデスクワークをしているなら1時間に1回ぐらいは簡単なストレッチで筋肉の緊張をほぐしましょう。

目の下のクマはタイプ別に対策を立てる

目の下にできるクマは原因によって3種類あります。

1つめは目の下の薄い皮膚を通して血液のよどみが青黒く透けて見えるタイプ。これはくすみの一種で、目の疲れや冷えから起こる血行不良が原因です。10代から起こり、寝不足をすると悪化します。目の下の皮膚を引っ張ってみると、多少色が薄く見えるのが特徴です。

2つめは加齢で目の下の皮膚が薄くなり、コラーゲンが減って皮膚がたるみ、黒く見えるものです。これはメイクで隠すことはできません。たるみなので上を向くと色が薄くなります。ブライトエイジのような、エイジングケアコスメが効果的です。

3つめが小さなシミが集まって茶色く見えるものです。目をこするクセのある人にできやすく、シミの一種なので寝不足をしても色が濃くなったり、引っ張ったり上を向いても色は薄くなりません。

自分のクマのタイプがわかったら、1つめはくすみ対策を、2つめはたるみ対策、3つめはシワの対策で改善しましよう。

くすみの予防

くすみの大きな原因は血行不良ですが、自分の血流を把握するのはむずかしいものです。血行不良を起こさないように、生活の中で予防できることを見つけていきましよう。

行不良を起こさない生活習慣

体を冷やさない

体が冷えると血管が収縮して血流が悪くなります。素足のままでいたり、冷たい飲み物ばかりとるなど、体を冷やすことはやめましよう。

湯船に浸かる

全身の血行をよくするには、入浴で十分体を温めるのが効果的です。シャワーだけですまさず、湯船に浸かりましよう。とくに39度前後のお湯に15分ほど浸かる半身浴がおすすめです。

リンパマッサージをする

顔の血行をよくするには、リンパの流れを意識したマッサージも有効です。血液やリンパの流れがよくなると、酸素や栄養が肌に行きわたって顔色が明るくなります。

顔の筋肉を意識して動かす

表情筋を動かして肌の血行をうながします。唇をがらせて顔をクシャっとさせるなど、大きく表情を動かします。

喫煙しない

ニコチンは血液の流れを悪くして皮膚の温度を下げるといわれています。しかも肌を健やかに保つビタミンを破壊するので、喫煙が肌によいことはひとつもありません。肌のために禁煙しましょう。

ホルモンバランスを整えることも大切

正常なターンオーバーで順調に肌が生まれ変わっていれば、肌のトラブルは起きにくくなります。生理の周期を整えることはくすみの予防と改善にもつながります。

月経周期の乱れの原因は冷えやダイエット、不規則な食事、睡眠不足、ストレスなどいろいろなことが複雑にからまりあっています。血行不良もそのひとつです。

とどこおりがちな血流では、月経の周基を整える女性ホルモンをきちんと運べないからと考えられています。まずは普段の食生活を見直して血行をよくすることからはじめましよう。

血行不良を改善してくれるビタミンEや、貧血解消に役立つ鉄分、その吸収を助けるビタミンCを含む食品をとるように心がけてください。

血行改善のために有効な栄養素と食物

ビタミンE やC 、鉄分を含む食品を積極的にとって、血行をよくしましよう。

・ビタミンE  血行をよくする ・・・ ナッツ、植物油など

・ビタミンC  鉄分の吸収を促進して毛細血管を丈夫にする ・・・ ジャガイモ、ゴーヤ、ブロッコリー、ほうれん草、グレープフルーツなど

・バントテン酸 代謝を促進、自律神経を活性化させる ・・・ 納豆、ししやも、鶏レバー、鶏卵など

・鉄分  赤血球の中でヘモグロビンの成分になって酸素を運ぶ ・・・ レバー、あさり、ひじき、がんもどき、大豆、かつお、小松菜、青のりなど

手軽に行えるリンパマッサージ

ijmaki / Pixabay

血行をよくして顔色を明るくするために、ケアにリンパマサージを取り入れましよう。洗顔やクリームをつけるときなどに行うのが手軽です

① 円を描くようにほおをマッサージ。その後、小さな円を描くように小鼻のまわリをマッサージします。② そのまま鼻筋を通って、眉間に手を移動。親指で心地よいと感じ為強さで押します。

③手をこめかみに移動。グッと押さえたあと、フェイスラインに沿って手を動かします。

④耳の下から鎖骨へと首筋をさすります。最後は鎖骨の内側に指を押し込むようにします。

⑤のどぼとけの下あたりを、指先で軽くもみほぐします(甲状腺に異常がある場合は、この動作は行わない)

日頃からできる「くすみのお手入れ」

くすみを防ぐには、日頃の角質ケアをおろそかにせず、ターンオーバーのサイクルを整えておくことです。ただし、その日の体調も反映されるので貧血や疲労、運動不足などにも注意しましょう。

古い角質はビーリングと酵素洗顔で除去

くすみの原因となっている古い角質を取り除く方法にはピーリングや酵素洗顔があります。どちらも強制的に古い角質を落とすので、かならず十分な保湿をしてください。

ピーリングは化学楽品を塗って、古い角質や肌の老廃物を取り除き、ターンオーバーをうながします。最近では、自宅でもできるビーリング剤が市販されていますが、これは薬剤の知識がない人が使ってもトラブルが起きにくいように、かなり薄めた薬品が配合されています。

即効性を求める場合は病院で相談することをおすすめします。酵素洗顔はタンパク質を分解する作用によって余分な角質を取り除く方法で、肌の新陳代謝をうながします。肌の負担にならないようによく泡立てて行いましょう。

ただしピーリングは肌を傷つけるおそれがあるので、時間がない時の最終手段と考えて頻繁には行わないようにしてください。

目の下の青グマも血行をよくして解消

目の下の皮膚はとくに薄いうえに、眼球を動かすために細かな筋肉と血管が集まっています。睡眠不足や目の疲れで血行不良になると、よどんでいる血液が薄い皮膚を通して見えることがあります。これが青グマです。

皮膚の薄い人や色白の人、冷え症で血行不良気味の人に多く見られます。睡眠をよくとり、体を冷やさないようにして、適度な運動で全身の血行をよくすることが大切です。

喫煙も血行不良になるのでやめましょう。目のまわりの血行をうながすエクササイズやピーリングで角質ケアを行い、ビタミンC誘導体の配合された美容液をつけるのが有効です。クレンジグでこすったり、力を入れてマッサージするのを避けましょう。

くすんだ時の応急処置

ストレスや睡眠不足などで急に顔色がくすんで見えるときがあります。そのようなときは温冷パックを試してみましよう。温めることと冷やすことを交互に繰り返す温冷パックで血行をよくします。

寒い時期は温めるだけでもいいでしよう。蒸しタオルをつくるには電子レンジの使用が手軽ですが、タオルを熱めのお湯に浸して絞っても効果は同じです。行ったあとは十分に保湿ケアをしてください。また、目の下のクマの応急処置には、コンシーラーが役立ちます。

くすみを改善する工クササイズ

目のまわりの血行をよくする工クササイズです。①から③まで3 回行います。

①あごを引いて軽く口を開け、鼻の下を伸ばして視線はは上に向けます。

②上目づかいで鼻の下を伸ばしたまま、ゆっくりと下まぶたを閉じます。

③ゆっくり①に戻します。

肌がくすむのはうぶ毛のせい?

stevepb / Pixabay

くすみ対策のケアをしているのに改善が見られないのは顔のうぶ毛のせいかもしれません。日本人の毛はもともと黒色なので、うぶ毛が濃いとくすんだ感じに見えることがあります。

もし気になるようなら、顔剃りのケアを取り入れてみましよう。ただし、顔剃りは肌に刺激となるのも事実。正しい方法で行っことが大切です。

顔のうぶ毛対策は大きくわけて、毛を抜く「抜毛」と、毛を剃る「除毛」があります。どちらの方法も肌に刺激になりますが、よりダメージが少ないのは、「除毛」です。

毛を抜いてしまうほうが見た目もすっきりするし、毛を無くす効果のもちはいいのですが、毛根部分では毛母細胞が生きています。毛母細胞とは、毛が生えたり、抜けたりを指令する毛のお母さんのような細胞です。

生きた細胞を引き抜くので痛みがあり、毛穴の奥では出血もしています。皮膚の一部をちぎることにもなるので、そこから皮膚の中へ菌が侵入し、肌トラブルが起こる可能性もあります。

よく聞く「抜くと薄くなる」という話ですが、それはまちがいです。抜毛しても毛母細胞が破壊されるわけではないので、いったん体止しても、また毛の生える指令が出されます。

角質も一緒にそぎ落とすため、清潔な状態で行います

除毛の方が肌への刺激が少ないとはいえ、カミソリ負けなどのトラブルが起こることも多くあります。カミソリには、T字型の安全力ミソリと、気式の電気力ミソリがあります。安全力ミソリは手で剃り、電気力ミソリは機械本体の穴の中に毛を引き込みながらカットしていきます。

刃が表に出てないので扱いが簡単、深剃りがきるなどのメリットがありますが、使い方をまちがえると皮膚を一緒に傷めてしまう危険も。自分で細かい加減かできないので、注意して使いましょう。

剃った後が乾燥してかゆくなる場合は、電気力ミソリのほうがよいでしよう。毛穴が鳥肌のようにポッポッと立っている人は、電気力ミソリでは傷がつきやすいので、安全力ミソリの方が向いています。安全力ミソリの場合は毎回新しいカミソリを使いましよう。カミソリは使うと微細な刃こぼれを起し、毛だけをきれいに剃ることができず、カの人り方によっては皮膚に細かい傷をつけてしまいます。

そこから雑菌が入ることがあります。洗面所など、湿気のあるところに放置してあるカミソリは雑菌がついている可能性もあります。どちらのカミソリでも薄く角質をそぐことになりますので、石鹸でよく洗った清潔な肌に行います。入浴後、温めた肌に滑りの良くなる乳液などを塗り、毛の流れに沿って除毛します。

-ブライトエイジ 効果

Copyright© ブライトエイジ 口コミ・効果・最安値 情報局 , 2018 All Rights Reserved.