ブライトエイジの口コミを暴露【シミへの効果は?最安値は?】

ブライトエイジ 口コミ・効果・最安値 情報局

ブライトエイジ 効果

ブライトエイジの成分を徹底解説!

更新日:

silviarita / Pixabay

ブライトエイジには、美容に優れた効果を発揮する成分がまだまだ配合されています。

具体的な成分名と効果を解説していきます。

角質層のNMF保湿成分

アミノ酸ミックス

アミノ酸ミックスはアミノ酸やその他の素材をミックスしたものです。
NMFはアミノ酸、ピロリドンカルボン酸、乳酸塩、尿素などで構成されています。最も多く含まれているアミノ酸には、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、アルギニンなど様々あります。

NMF(Natural Moisturizing Factor)は天然保湿因子です。親水性が高く水分を吸着する働きをすることから、保湿力が高く角質層の弾力や柔軟性を保つ働きがあります。新陳代謝の過程でタンパク質が分解されて放出したアミノ酸が主成分となっており、角質層の水分維持に大きな役割を果たしています。

角質層の水分不足の原因は、細胞間脂質とNMFの減少や不足があります。健全な新陳代謝が行われないと細胞間脂質もNMFも不足してしまいますが、年齢とともに新陳代謝機能が弱まってくるため、どうしても不足しがちになってしまい、肌が乾燥しやすくなってしまいます。紫外線の影響で不足してしまうこともあります。

乾燥を防ぐために細胞間脂質やNMFを補う必要があります。NMFは主成分がアミノ酸で、保湿成分として各種アミノ酸を配合することで、角質層の水分を逃がさないような役割をします。
細胞間脂質は角質層の細胞と細胞の間に存在し、NMFが抱え込んでいる水分をサンドイッチのようにはさみ、細胞がはがれないようにすることで角質層が健全な構造を形成し、水分の蒸発を防いでいます。

細胞間脂質保湿成分

セラミドミックス

肌の角質層で吸収した水分を保持し、蒸発するのを防ぐバリア機能を持ちます。
セラミドは、表皮の1番上の層である0.02mmほどの角質層の中に存在している細胞間脂質の主成分です。加齢や環境の変化でセラミドの量が減ってくることによって、肌の潤いがなくなり乾燥した状態の肌になります。もともと角質層に含まれる成分のため、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使える成分です。
セラミドはターンオーバーの過程で生成されますが、セラミドの十分な生成のためにもターンオーバーが正常であることが重要となります。肌のターンオーバーが乱れると、生成される量が減り、乾燥や敏感肌の原因となります。

セラミドにはたくさんの種類がありますので、ここでまとめます。

セラミド1・・・水分保持機能、外部刺激に対する優れたバリア機能。
セラミド2・・・高い水分保持機能。
セラミド3・・・水分保持機能、シワを軽減する機能。
セラミド4・・・角質の脂質バリア層を作り、保持する機能。
セラミド5・・・角質の脂質バリア層を作り、保持する機能。
セラミド6・・・水分保持機能、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能。
セラミド6Ⅱ・・・ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能。
セラミド7・・・細胞の増殖分化をコントロール、皮膚にある菌のバランスを整える。

特にセラミド1、2、3が重要だと言われており、人間の肌に最も多く含まれているのはセラミド2で、肌に及ぼす影響が高いと言われています。

エイジングケア化粧品のセラミドの分類

ヒト型セラミド

人間の皮膚に含まれるセラミドとほぼ同等の化学構造で作られており、酵母を利用して生成されます。保湿や浸透力に優れ、肌に優しいです。化粧品の成分表示はセラミド1、セラミド2、セラミドNPなど。

合成セラミド

セラミドに類似した物質を化学的に合成したもので、疑似セラミドともいわれます。石油原料から化学合成されたもので、安価で大量生産ができます。天然セラミドやヒト型セラミドに比べると効果は薄いようです。化粧品の成分表示はセチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなど。

天然セラミド

馬などの動物の脳や脊髄から抽出したものです。動物由来であることから、人間の角質層の細胞間脂質と近く、保湿力が優れています。化粧品の成分表示はビオセラミド、セレブロシドなど。

植物性セラミド

米、トウモロコシ、大豆などから抽出した植物由来のセラミドです。化粧品の成分表示は植物性セラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質など。

マリンエラスチン

新鮮な魚の皮からエラスチン分子の性質を保持したまま抽出したものです。皮脂の潤い、弾性、きめ細かさ、ハリなどを高める効果が期待できます。

エラスチンはヒトの体内でも作られている繊維状のたんぱく質で、コラーゲン同士を結び付ける役割を持っています。弾性繊維とも呼ばれており、ゴムのように伸縮する性質を持ち、肌の弾力や柔軟性は、エラスチンがあることによって保たれているといっても過言ではありません。

エラスチンはコラーゲン、ヒアルロン酸と一緒に真皮にある線維芽細胞によって生成されています。成長とともに量が増えますが、20歳半ばくらいにピークを迎え、その後コラーゲンと同じように減少していきます。

コラーゲンとエラスチンによって作られる伸び縮みする網の目が肌のハリや弾力を維持していますが、この網の目の内部にはヒアルロン酸などを成分とするゼリー状の物質が埋められています。これによって肌の潤いやツヤを維持できているので、肌のハリや潤いを保ち、シワやたるみを防ぐには、ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンの3つが不可欠と言えます。

ストレスや加齢、紫外線などで活性酸素が肌に蓄積されていくと、線維芽細胞の機能が衰えてしまいエラスチンなどの生成量が減少してしまいます。そのため、この活性酸素から線維芽細胞を守る必要があり、ビタミンAやC、ポリフェノールやコエンザイムQ10などの抗酸化作用のある栄養素を積極的に取ることが効果的と言われています。食品だけで補えない時はサプリメントでの摂取も効果的です。

コラーゲンミックス

肌のハリを保つ成分で、コラーゲン・トリペプチドFなどをミックスしたものです。通常のコラーゲンの3倍の量を小さな分子にまとめた成分を配合しています。

コラーゲンはたんぱく質の一種で肉や魚の皮や軟骨に多く含まれており、食品のコラーゲンは分子が大きいため、摂取しても多くが排出されてしまいます。しかし、スキンケア化粧品などに入っているコラーゲンは、分子が大きいためなかなか肌に浸透しませんが、肌表面にとどまることで保湿力がアップします。

コラーゲンは真皮乾燥重量の70%を占めており、加齢とともに減少してしまいます。加齢によってコラーゲンの合成が衰えるとシワやたるみ、乾燥などの原因となってしまいます。コラーゲンは真皮層を支え、水分を逃がさない親水性のため、肌の潤いを保つ働きもあります。

トリペプチドは、ペプチド結合した3種類のアミノ酸から構成されているものです。肌細胞に刺激を与え、コラーゲンの合成を促してくれます。このトリペプチドにより、肌のコラーゲン量を増やし、肌の弾力アップにつながっています。加齢や乾燥、紫外線などにより減少していくため、コラーゲンミックスでコラーゲンを補うことで、肌の乾燥やシワの予防になります。

乾燥対策に外せない! ブライトエイジの保湿成分

ヒバマタエキス

ヒバマタは寒い地域の海に自生する海藻の一種で栄養価が高く、ビタミンやミネラル成分、食物繊維を豊富に含んでいます。ヒバマタには新陳代謝を活発にする働きがあり、肌のターンオーバーを促進して美肌を保つ作用を持ち、肌や髪、爪などをきれいに保つために有効な成分とされています。

このヒバマタから抽出されたエキスにグリセリンを加えたものがヒバマタエキスで、保湿作用、血行促進作用などがあり、肌に潤いを与え、乾燥から守り、ハリを与えてくれる効果を期待できます。

保湿性の保護膜を作るため、天然のパックとして水分の蒸発を防いでくれます。老廃物の排出を助けてくれる働きも持っているため、肌を引き締める効果も期待できます。そのためスリミング剤などにも配合されることがあります。

パンテチン

薬に含まれる成分のひとつで、ビタミン剤の一種で、ビタミンB5のことを指しています。保湿効果が高く、肌の乾燥を防ぎます。

医薬品にも使われている成分で、肌のハリを生み出す効果を期待できます。新陳代謝を高めてターンオーバーを正常化し、ビタミンCの働きを助け、コラーゲン生成を助けます。

イシゲエキス

わかめや昆布などから抽出された褐藻エキスで、アミノ酸やアルギン酸などを多く含みます。保湿成分として注目されており、シワやたるみを防ぐ効果に期待できます。保湿効果に優れているだけではなく、皮膚の柔軟化や引き締め、活性化効果もあり、保湿とハリを肌にもたらしてくれます。肌のくすみにも効果的です。

-ブライトエイジ 効果

Copyright© ブライトエイジ 口コミ・効果・最安値 情報局 , 2018 All Rights Reserved.